HOME > 製品情報 > 18L缶・一般缶・容器 他 > 18L缶の仕様 > 材料説明

18L缶の仕様
材料説明

ぶりき・LTW-N・TFSについて

18L缶の素材としてぶりき、LTW-N、TFSが使用されています。
ぶりき

鋼板表面にSn(錫)をめっきした美麗な外観を有する材料。

LTW-N

鋼板上にSn(錫)を島状にめっきし、更に金属Cr(クロム)を付着させた材料(Lite Wel;軽い、明るい、良い、溶接のできる の意味を含む。)

TFS

鋼板表面に金属Cr(クロム)をめっきした材料(Tin Free Steel;錫なし鋼板)

【機能比較】 ぶりき LTW-N TFS (冷延)
裸耐食性*1 ◎〜○ ×
耐アルカリ性 × ×〜△
耐応力割れ性(裸) ◎〜○
内面無地プレス性 ×
塗装後耐食性 ×
塗料密着性 ◎〜○
溶接性 △*2
*1 内容物によっては別の評価になる場合が有ります。詳細はご確認下さい。
*2 通常TFS溶接時には表層クロム鍍金層の研磨除去が必要ですが、大日製罐・JFEスチールにて共同開発したBTW(ブライトウェル)の場合、無研磨 溶接が可能です。そのため研磨粉の飛散等が無く、缶の清浄性に優れています。

【18L缶の仕様に関するお問合せ先】

大日製罐株式会社 製罐事業部
TEL. 03-3255-3281
お問い合わせ